ゲームをやめたいのにやめられない 理由と解決方法

ゲームと健康

ども、昇です。

ゲームをやめたいのにやめられずに困っているというのは子どもに限らず大人でもあることです。

子どもなら受験の時、大人なら仕事や家庭を優先したいと考えた時にやめたいと考えるものです。でもやめられない…。

このページではなぜゲームをやめられないのか、やめるにはどうすればいいのかについてお話します。

やめたいではなく、控えたいプレイ時間を短くしたいならこちらの記事をお読みください。
ゲームをやり過ぎない方法

スポンサーリンク



やめたいのにやめられない理由

ゲームをするほうが心理的ハードルが低いから

ゲームをやめたいのにやめられないというのはおそらく多くの人が経験したことのあることではないでしょうか。やめられない理由は様々だと思いますが、もっとも大きな理由は手軽さにあります。

勉強あるいは仕事をしなければならないのについついゲームをしてしまうという場合、勉強や仕事をするハードルよりもゲームをするハードルが低いからそっちに手が伸びてしまうのです。

勉強や仕事は取り掛かってもすぐには成果は出ません。ある程度時間と労力をかけなければ達成できません。しかもある程度時間をかけたのに全く成果が出ないこともあります。

それに対してゲームはすぐに、やればやるだけ目に見える成果を得ることができます。ゲーム内のお金やレベルアップなどの報酬、勝ち負けの結果を簡単に手に入れることができるのでこちらに向かう方が心理的なハードルがとても低いのです。

これまでにつぎ込んだ時間やお金がもったいないから

おそらく2番目に大きい理由です。サンクコストと呼ばれるものですね。

これまでにゲームにかけた時間やお金は、ゲームをやめた瞬間に0になるように感じます

楽しく遊べたという経験があるはずなので0ではないかもしれませんが、どれだけキャラを育てたかとかどれだけ称号を取れたかといったプレイデータはほぼ価値をなくします。

特にソシャゲなどオンラインゲームだと毎日プレイしないと他のプレイヤーと差がついてしまう仕様になっているものが多くあり、そのようなゲームにハマっていたのならやめるのがもったいなく感じられます。

上記2つがゲームをやめたくてもやめられない大きな理由です。これに対して解決方法を以下に書きます。

スポンサーリンク

ゲームをやめるための解決方法

スマホやゲーム機を見えない場所に仕舞う

ハードルが低いのが原因ならハードルを上げてしまうという方法です。

簡単なことですが意外と効果のある方法なのでぜひ試してみてください。

もちろん手元から遠いところ、あるいは厳重に仕舞うほどゲームに向かう気持ちが小さくなります。

机の引きだしに仕舞うだけで気持ちが抑えられるならそうすればいいですし、そうしても取り出してしてしまうというなら物置や別の部屋に置いて来たり、人に預けてしまうのもありです。

プレイデータを消す

これまでにつぎ込んだ時間やお金がもったいなくてやめられないなら、プレイデータを消してしまいましょう。これが一番手っ取り早いです。

うじうじと悩んでいた人でも、データを消してしまえば案外切り替えは早かったりします。

とはいえプレイデータを消すのは人によってはかなり抵抗があるはず。そんな簡単に消せないよと言う人もいるでしょう。

消せない場合は逆に、消さないためにゲームをしないでおこうと考えるか、消さないでこのままゲームを続けてしまった時の損失を考えましょう。

思い出もあるしデータは保存しておきたいと思うなら、そのデータを消さないためにするべきことを頑張りましょう。

やっぱり消さないとゲームに手が出てしまう、けどデータを消すこともどうしてもためらってしまうというのなら、これまでにかけたものよりもこれから失うであろうと予想されるものについて考えてどれだけの損失が出るか認識しましょう。

あなたがゲームをし続けることによって失うものは何でしょうか

受験生なら勉強にかける時間が減ることによって人生の選択肢を狭めてしまうかもしれません。社会人なら出世が遠のく、家庭持ちならパートナーや子どもとの触れ合いが減って不和の原因になってしまうなど考えられますね。

一度時間をとって紙に書きだしてみることをおすすめします。

まとめ

ゲームがやめたくてもやめられない理由は、ゲームをするほうがハードルが低いこととこれまでにかけたものが無駄になるから。

解決策はゲーム機を見えない場所にしまう、プレイデータを消す、ゲームをし続けることによって生じる損失について考える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました