【にゃんこ大戦争】第6のネコ使徒の評価とステータス

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

第6のネコ使徒は浮いてる敵に超ダメージ、遅くする効果を持つ超広範囲アタッカーです。なんと感知射程500の当たり判定範囲200~1500です。しかも最大3ヒットする烈波も持っているので、浮きに対してのアタッカー性能はかなり高いです。

このページでは第6のネコ使徒の評価とステータスについてまとめていますので、育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にしてください。




第6のネコ使徒のステータス

レベル30の時点で体力2万5500、攻撃力3万4000、DPS1493です。

第2形態に進化させてもステータスは変わらないので、第1形態で使うのもアリです。

射程500、攻撃間隔約22.8秒の超広範囲アタッカー。浮いてる敵に対して超ダメージ・遅くする・たまに攻撃無効特性を持っていて、レベル3の烈波を出せます。

第6のネコ使徒の評価

浮いてる敵と敵城を直接狙う時に有用な長射程・広範囲アタッカーです。

味方キャラで当たり判定範囲200~1500はやばい。さすがに攻撃間隔は約23秒とかなり長いですが、相手が浮きでなくても一発3万4000、レベル50にすると5万4000ダメージがこの範囲全部に与えられます。

それに加えレベル3の烈波が必ず発生します。発生位置は450~1250の間でランダムなので確実に敵前線に当てるということは不可能ですが、もし通常攻撃と烈波全て当たれば攻撃力の4倍ダメージが発生します。

第6のネコ使徒のレベル50、敵が浮きで通常攻撃と烈波が全てヒットすると攻撃一回で86万4000ダメージになります。前線を維持して守り切れるならとても頼りになります。

烈波の持続時間は約3.7秒ありますが、これがトラップのように働いてツバメンズを一掃してくれたりもします。

敵を倒しきれなくても最大6秒動きを遅くできるのも大きい。

浮きに対して2秒間攻撃無効(50%)をもっているので、前線が押されてボスの攻撃に被弾してもワンちゃん耐えられます。ただしKB1なので、ふっとばしでもない限り敵の攻撃を受けて後方に下がって立て直すということはできません。

再生産は望めませんが、これだけの性能なのにコスト3825円とかなり安いのもいいですね。

第6のネコ使徒は引くべきか?

第6のネコ使徒の性能は明らかに他のキャラと違います。浮いてる敵に対するダメージの最大値や攻撃範囲から考えても引きに行っていいキャラでしょう。

エヴァコラボガチャ超激レアキャラの性能一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました