【にゃんこ大戦争】本能の開放・強化おすすめキャラ

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

にゃんこ大戦争のキャラは本能でより強くなります。ですが本能実装済みのキャラは結構いますし、どれからNPを使っていこうか迷うと思います。

このページでは本能の開放・強化を優先的にしてもいい、おすすめのキャラについて書いていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク



前提としてステータス系はおすすめ

個別のキャラ紹介の前にまず前提として、アタッカーや壁役として使っているキャラの「基本攻撃力アップ」や「基本体力アップ」などは全ておすすめです。

特にEXキャラはこの2つの項目の最大強化率が80%ととても高く、それ以外のキャラに関しても最大強化で20%上昇します。

中でも打たれ強いを持つねこラーメン道ガメレオン、超ダメージを持つカリファなんかは基本ステータスを上げるとかなり強くなります。

反対に素のステータスがあまり高くない妨害系のキャラは基本ステータスを上げても効果が薄いので、いつかは上げるにしても後回しにするほうがいいです。

スポンサーリンク

本能の開放・強化をおすすめする超激レアキャラ

獄炎鬼にゃんま

単体アタッカーですが随一の攻撃力を誇るキャラです。

「波動ダメージ耐性」以外の本能は全て最大強化する価値があります

優先度は「攻撃力アップ」>「基本攻撃力アップ」>「基本体力アップ」≧「生産コスト割引」です。

「攻撃力アップ」はにゃんまの体力が3分の1になったら、攻撃力が最大3倍になるというものです。「生産コスト割引」は最大750円やすくなります。

ちなみに上記の本能を全開放したレベル50の獄炎鬼にゃんまが体力3分の1以下になった時の攻撃力は36万4500、DPSは16万808となります。

波動ダメージ耐性は最大で受ける波動ダメージを半減してくれるので強化しても損はないですが、ねこタコつぼなどの波動ストッパーを編成して対処可能なのでおすすめはしません。

獄炎鬼にゃんまの詳細

Gテラアマテラス

属性を持つ敵に超ダメージを持つ遠方範囲アタッカーです。

「バリアブレイカー」以外の本能は全て開放・強化するのがおすすめです。

優先順位は「基本攻撃力アップ」>「生き残る」>「ゾンビキラー」>「基本体力アップ」です。

直近でゾンビ属性の敵で厄介なステージに挑戦しなければいけないなら、ゾンビキラーを最優先にしてもいいでしょう。

「バリアブレイカー」は最大強化で50%の確率で発動してくれますが、もともと超ダメージのおかげでほとんどのバリアは破壊可能です(レベルと敵強化倍率にもよりますが)。ウルトラメェメェみたいなバリアがとても堅い敵は他のキャラに任せるのが現実的です。

ただ範囲攻撃でバリアブレイクできるというのは有用ではあるので、これも強化していく価値はあります。レベル1の状態でもバリアブレイクが32%の確率で発動するので、開放だけしておくというのもアリ。

本能の開放・強化をおすすめする激レアキャラ

ネコカンカン

赤い敵をたまに遅くできて、ワープ無効の単体アタッカー。これだけ聞くと微妙なキャラだと思うかもしれませんが、ネコカンカンは本能の優先度ランキングを作るとしたら1位のキャラです。

「移動速度アップ」と「属性 エイリアン」以外は全強化推奨です。

特に「撃破時お金アップ」は最優先。にゃんこ大戦争のインフラ的キャラとなります。

優先順位は「撃破時」>「基本攻撃力アップ」>「基本体力アップ」です。

単体アタッカーですし攻撃間隔は6.5秒なので「属性 エイリアン」は追加しなくても構いません。

「移動速度アップ」はむしろ上げないほうがいいです。ネコカンカンは序盤にお金を溜めるのに使いたいので、移動速度が上がって敵城を早く叩いてしまう可能性が高くなるのは不都合です。

ネコカンカンの詳細

ネコデリバリー

黒い敵に超ダメージを与えられる範囲アタッカー。

おすすめの本能とその優先順位は「波動攻撃」>「基本攻撃力アップ」>「基本体力アップ」≧「生産コスト割引」です。

波動攻撃は最大強化で発動確率30%ですが、ネコデリバリーの攻撃間隔は約4秒で再生産時間が約20秒なので割と発動します。波動が出ると奥まで攻撃が届きますし、通常攻撃が当たっていると2倍のダメージが出ます。

「生産コスト割引」は最大強化で300円安くなりますが、黒い敵を倒すと他の属性の敵よりお金を獲得できるのでこの中では優先度は低いです。

「動きを遅くする」に関しては役に立つことはありますが、黒い敵に対してはネコボンバーの停止妨害が有用すぎるのでそこまでおすすめはしません。

にゃんでやねん

古代種にめっぽう強い範囲攻撃持ちのアタッカー兼壁役です。

おすすめの本能とその優先順位は「攻撃力ダウン」>「基本体力アップ」>「基本攻撃力アップ」です。

「攻撃力ダウン」は発動確率20%で、最大強化で効果持続時間が4秒になります。敵の攻撃力を半減できるので、にゃんでやねん自身と他のキャラの場持ちがよくなります。

にゃんでやねんの射程は355あるので「ふっとばす無効」と「動きを遅くする耐性」はあまり必要性を感じません。

にゃんでやねんの詳細

本能の開放・強化をおすすめするレアキャラ

ネコカメラマン

浮きにめっぽう強く、50%の確率で生き残る範囲アタッカー兼壁。「波動ダメージ耐性」以外は全て開放・強化するのがおすすめです。

優先順位は「生き残る」>「基本攻撃力アップ」≧「基本体力アップ」>「クリティカル」です。

「生き残る」は最大強化で100%発動するようになります。アタッカー兼壁役の量産キャラが、敵の攻撃に耐えられる回数が増えるのは大きいです。

「クリティカル」は開放すると2%の確率でクリティカル攻撃できます。かなり低い確率ですが、メタルを相手にする時にはあるのとないのとでは全然違います。

ネコカメラマンの詳細

ねこジュラザウルス

7%でクリティカル攻撃できる単体アタッカー。

おすすめの本能は「クリティカル」と「生産コスト割引」です。

「クリティカル」は最大強化で5%確率が上昇し、「生産コスト割引」は最大で150円安くなります。

375円でクリティカル率12%のキャラのを量産していけるのは強いです。

「基本攻撃力アップ」と「基本体力アップ」も上げたほうがより強くなりますが、メタルの敵の多くはクリティカルが出さえすれば倒せるので無理に上げなくても構いません。

ねこジュラザウルスの詳細

ネコオドラマンサー

浮いている敵をごくたまに止められる単体攻撃の妨害キャラ。

「波動攻撃」のみおすすめです。最大強化でレベル2の波動を30%の確率で出せるようになります。

ネコオドラマンサー自体は単体攻撃ですが、波動が出ると範囲攻撃してるのと同じになるので敵に停止妨害を入れやすくなります。

特にぶんぶん系の敵を相手にする時に活躍します。

「毒撃ダメージ無効」はタッキーを相手にする時などに有効ですが、用途が限定的すぎるので開放しなくてもいいです。

ステータスも強化することが可能ですが、素のステータスが低いので効果が薄く、おすすめはしません。

ネコオドラマンサーの詳細

本能の開放・強化をおすすめするEXキャラ

ネコにぎり

ふっとばす無効持ちの移動速度の速い壁キャラ。

「基本攻撃力アップ」以外は全開放・強化して損はありません。4種の妨害無効を持つ壁キャラとなります。

優先順位は「基本体力アップ」>「毒撃ダメージ無効」>「動きを止める無効」=「動きを遅くする無効」です。

レベル50で「基本体力アップ」を最大強化していると、体力は2万9160となります。この数値はレベル110のゴムネコよりも高いです。

「毒撃ダメージ無効」を開放していると、特にデバムラサキホネツバメを相手にする時に活躍します。優先順位は2位にしましたが、ゲームをかなり進めていないと役立つことはないので、そこまで進んでいないうちは開放しなくて構いません。

動きを止める・遅くするの無効も必要になったタイミングで開放するのがいいでしょう。

暗黒嬢

赤い敵と黒い敵にめっぽう強い単体アタッカー。「攻撃力低下無効」以外は全て開放・強化していくのがおすすめです。

優先順位は「波動攻撃」>「基本攻撃力アップ」>「基本体力アップ」≧「生産コスト割引」です。

「波動攻撃」は最大強化でレベル6の波動が15%の確率で出るようになります。「生産コスト割引」は最大で300円安くなります。

もともとEXキャラにしてはDPSが高かったのですが、本能でさらに強くなります。

レベル50、本能全強化で体力3万4020、攻撃力6417、DPS1万6042となります。これにめっぽう強い特性がのるので赤と黒い敵に対しては、お宝Maxの状態で実質体力8万5050、1万1550、DPS2万8875となります。

ただ暗黒嬢は単体アタッカーであり、射程も210と短いのでかなりやられやすいという短所があります。

スペックは高いですが最大限に活かせるステージはあまり多くありません。射程の短い敵しかいない時や、波動攻撃をメインにして攻めていくときに有用です。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました