【にゃんこ大戦争】ネコカメラマンのステータスと評価

ネコカメラマンのステータスと評価にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

ネコカメラマンは浮いてる敵にめっぽう強い、レアガチャで恒常的に排出されるレアキャラ。ネコ人魚・ネコソルジャーの第3形態です。

このページではネコカメラマンのステータスと評価についてまとめているので、育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にしてください。

ネコカメラマンのステータス

レベル30の時点で体力9690、攻撃力5610、DPS1603です。

第2形態と比べると体力が1.5倍になっていて、射程が190から250に伸びています。また単体攻撃だったのが範囲攻撃になり、移動速度も2速くなっています。

特性は浮いてる敵にめっぽう強い、生き残る(50%)の2つです。

体力攻撃力DPS射程攻撃タイプ
969056101603250範囲
速度攻撃間隔(秒)再生産時間(秒)KB数生産コスト(円)
63.54.24540
モーション(秒)
0.9

小数点第2位で四捨五入しています。

ネコカメラマンの評価

優秀な壁兼アタッカー

粘り強さがあって強いキャラです。資金に余裕がある時やステージ幅が長い時には、量産して敵の進行を食い止めたりかなり遅らせることができます。

壁としての機能とアタッカーとしての機能、両方持っているキャラです。

ただし素の体力が低く、打たれ強いではなくめっぽう強い程度であり、KBが4もあるのですぐにノックバックしてしまい攻撃が発生しないということもあります。

壁として機能しないこともある

射程が短いサイクロン系の敵には適性がありますが、緊急爆風警報に出てくる浮き属性のハリケーンサイクロンなどを相手にするのは辛いです。カメラマンの射程が250に対してハリケーンサイクロンの射程は650で範囲攻撃なので、カメラマンは攻撃する前にKBしてダメージを与える前にやられてしまいます。

このように長射程で範囲攻撃、攻撃間隔が短いと相手が浮き属性であってもカメラマン単体では厳しかったりします。敵の強化倍率やこちらのレベルにもよりますが、割とよく出てくるまゆげどり(フクロウのような敵)なんかにもてこずります。

場に溜まってくると火力もバカにならなくなる

反対にKBが多いのがメリットになることもあります。カメラマンを量産していって敵の前線とぶつかると、先頭のカメラマンがKBを受けて後退します。すると後のほうにいたカメラマンと重なって、前線にいるカメラマンの数が多くなるのです。

結果的に複数のカメラマンが一度に攻撃をするようになり、瞬間的な攻撃力が上がります。これが強いです。

キャッツアイやプラス値はどうするか

レベルが上がってステータスが高くなるほど使いやすく、強力になるキャラです。

キャッツアイの使用もプラス値を上げていくこともおすすめします。

おすすめの本能

本能のラインナップは「基本体力・攻撃力」、「生き残る」、「クリティカル」、「波動ダメージ耐性」です。

KBして重なっていくのが強いので、「生き残る」を強化するのがおすすめです。maxまで強化すると100%生き残るようになります。

あとは火力を上げるためと、KBせずに耐えて攻撃を発生しやすくなるように「基本体力」、「基本攻撃力」もおすすめです。

「波動ダメージ耐性」はmaxまで上げても波動ダメージを半分にするだけで、カメラマンの移動速度やKBのしやすさを考えるとあまり効果は期待できません。NPが余っていたらいいですが、波動に関しては普通に波動ストッパーを編成したり波動ダメージ無効を持つ他のアタッカーを採用するほうがいいです。

メタル属性相手に使いたいのであれば「クリティカル」を開放してもいいでしょう。ただ、2%しかないので過信はできません。できればにゃんコンボでクリティカル率を上げて使いたいです。

おすすめの本能玉

浮きに対するめっぽう強い強化の本能玉がおすすめです。

次点でダメージ軽減の本能玉も効果的です。

素の攻撃力が低いのでダメージアップのほうはあまり効果的ではありません。

本能玉に関してはこちらに詳しく書いています。

ネコカメラマンと相性のいいキャラ

このキャラはネコオドラマンサーねこ法師と抜群に相性がいいです。

できればネコオドラマンサーの本能の波動は強化した状態で使いたい。

この3キャラを一緒に使うとぶんぶん先生など、浮いてる敵の進行をかなり抑えることができます。



コメント

*間違いの指摘以外は基本的に返信はしないようにしていますが、いただいたコメントは励みになっています。
タイトルとURLをコピーしました