【にゃんこ大戦争】ベベ・なぎさ&ネコのステータスと評価

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

ベベとなぎさ&ネコはエイリアンとゾンビの攻撃力を下げられる、魔法少女まどか☆マギカコラボガチャで引ける超激レアキャラ。ベベが第1形態で量産型、なぎさ&ネコが第2形態で大型キャラとなっています。

このページではベベとなぎさ&ネコのステータスと評価についてまとめているので、育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にしてください。

ベベのステータス

レベル30の時点で体力1万7680、攻撃力8670、DPS2098です。

再生産時間が約18秒と量産型であり、第2形態と比べて攻撃回転が早いですが射程が350と短く、体力と攻撃力も低くなっています。

特性はエイリアンとゾンビの攻撃力を必ず下げる、ゾンビキラー、ワープ無効、魔女キラーです。

なぎさ&ネコのステータス

レベル30の時点で体力4万2840、攻撃力3万4680、DPS5125です。

再生産時間は約98秒で、第1形態と比べて体力と攻撃力が高く、射程も450と長くなっています。

特性は第1形態と同じですが、攻撃力を下げる時間が7.2秒と長くなっています。

ベベの評価

妨害性能が結構いい

量産型と大型キャラを使い分けられるキャラでは、量産型にするとたいてい妨害性能が落ちます。

ベベもその例にもれず妨害性能は落ちているのですが、妨害発動率は変わらず100%です。

攻撃間隔が約4.1秒に対して持続時間が最大2.4秒なので、妨害が切れる時間はありますが、それでも半分以上の時間攻撃を下げていられます。

基本的には大型キャラの状態で使っていくのがおすすめですが、2体目以降を生産して前線に溜められれば妨害が効いている時間が長くなりますし、この第1形態で使っていくのも十分アリです。

コストがちょっと重い

ベベの生産コストは1200円です。

だいたいネコデリバリーと同じくらいですが、妨害キャラでこのコストはちょっと重いと感じます。

なぎさ&ネコの評価

妨害の効果時間が長い

攻撃間隔が約6.8秒に対し、妨害持続時間は最大で7.2秒あります。

攻撃が当たり続ける限りエイリアンとゾンビの攻撃力を下げ続けることができます。

射程が長く攻撃力もそこそこある

このキャラの射程は450です。

たいていの敵に射程有利で安全圏から攻撃できます。

その割にDPSが5000を超えているのでダメージ源としても期待できますね。

KB数が多い

なぎさ&ネコのKB数は6です。おそらくゾンビに対応したキャラだからでしょう。

ゾンビの敵に潜伏と浮上で近づかれてもすぐにKBして距離を取れます。

足元に出てきたゾンビの敵は他のキャラですぐに処理するのが一番いいですが、いつでもそうできるわけではないのでこのKB数の多さは助かります。

ベベ・なぎさ&ネコと相性のいいキャラ

エイリアンやゾンビに対して使っていくキャラであり、敵の攻撃力を下げることで前線の味方キャラの場持ちがよくなるので、ネコサテライトやネコマスターと相性がいいです。

ネコサテライトのステータスと評価

ネコマスターのステータスと評価

ゾンビ相手に使っていくときはネコックマンケンなどで、足元に浮上してきた敵の処理をしていきたい。

ネコックマンケンのステータスと評価



コメント

*間違いの指摘以外は基本的に返信はしないようにしていますが、いただいたコメントは励みになっています。
タイトルとURLをコピーしました