【にゃんこ大戦争】帝獣ダークガルディアンのステータスと評価

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

帝獣ダークガルディアンは白い敵に打たれ強く小波動を撃てる超激レアキャラ。黒獣ガルディアンの第2形態です。

このページでは帝獣ダークガルディアンのステータスと評価についてまとめているので、育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にしてください。




帝獣ダークガルディアンのステータス

レベル30の時点で体力15万3000、攻撃力3万9270、DPS6368です。

第1形態と比べると体力が3割ほど上昇しますが、それ以外のステータス数値は変わりません。

白い敵に打たれ強い、小波動、波動無効、生き残る、体力減少で攻撃力上昇特性を持ちます。

帝獣ダークガルディアンの評価

攻撃性能は高め

DPSが6368となっていますが、小波動を合わせるとDPSは7640ほどになります。

さらに体力が半分以下になると攻撃力が2倍になるので、この状態でのDPSは1万5000越えと与えられるダメージは結構大きいです。

小波動は波動と同じく奥の敵にもダメージを与えられるものですが、攻撃力の1/5ダメージなので物足りないと感じているユーザーは多いはず。

ですがダークガルディアンは素の攻撃力が結構高めなので、レベル50で体力が半分を切った状態だと小波動のDPSは約4000にもなります。

これだけダメージが出れば普通に波動編成要員としても使えるレベルです。

あと感知射程が320ですが、当たり判定範囲は400~-150となっているので、通常の攻撃も多くの敵に当たりやすいという点も良い。

白い敵相手には高体力

白い敵に打たれ強い特性を持つので、白い敵に対する実質体力は61万2000となります。

レベル50にもすると97万2000とかなり高い。

射程の短さと再生産時間の長さが欠点

ダークガルディアンの射程は320です。この長さだと壁キャラをちゃんと生産していっても結構被弾します。

なので高体力ではあるものの、敵編成によってはガリガリ体力を削られてそこまで場持ちしないということもありえます。

再生産時間が2分半ほどもあるので、早々にやられてしまうと後が厳しいです。

ダークガルディアンをメインアタッカーにするなら、敵の攻撃が激しい時はネコ大魔王などで敵の攻撃力を下げたりして場持ちを長くさせるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました