【にゃんこ大戦争】ネコパーフェクトの評価とかさじぞうとの比較

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

ネコエステ・ネコジェンヌの第3形態であるネコパーフェクトのステータスと評価についてまとめ、かさじぞうとの比較もしてみました。

育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にどうぞ。

スポンサーリンク



ネコパーフェクトのステータス

レベル30の時点で体力9860、攻撃力5440、DPS1295です。

第2形態から進化させると攻撃力が3割弱上昇して、攻撃力低下無効を獲得します。体力などその他ステータスは変わりません。必要マタタビは青1・赤1、種が黄3・紫2・緑3。

射程350の範囲攻撃持ちで、再生産時間が約2.5秒とかなり短い量産アタッカーです。

スポンサーリンク

ネコパーフェクトの評価

レアキャラの中で350という長射程を持ち、なおかつ範囲攻撃ができるという汎用性のあるキャラです。ガチャで出たらプラス値を上げて、キャッツアイも余裕があれば使ってもいいですが、超激レアで使いやすい長射程・範囲アタッカーが出たら無理に育てなくてもいいです。

第2形態から進化すると攻撃力が3割弱上がるので、使っていくなら早めにマタタビを集めて進化させたくなります。

使い方としては敵を壁キャラで食い止めて、十分なお金が貯まったら量産していくというのがいいでしょう。再生産時間が3秒もないのでどんどん生産でき、前線に複数体溜まってかなりの攻撃力を発揮します。

ネコパーフェクトの欠点は一体の攻撃力は低く、場に何体か溜まらないとあまりダメージを与えられないことです。なのに体力は低く、射程負けしていたり、前線が押されて被弾していくようなステージではすぐに倒されて全然溜まりません。

あと量産が前提のキャラなのにコストが900円と高いことです。金欠ステージではまず使えません

このように強いキャラではあるのですが、ステージによっては全く使えこともあるので注意してください。

また通常のステージでは、より長射程を持ち高体力な超激レアキャラをアタッカーとして編成したほうがいい場合が多いです。

明確に使えると思うのは、レジェンド星4などの制限ステージで敵に射程350以上の敵がいない時ですね。

前線が押されなければ、ダチョウ同好会やハイエナジーに対して一方的に攻撃してすぐ倒せるので、そういったステージをプレイしているとやっぱり強いなと感じます。

かさじぞうとの比較

量産型で範囲アタッカーのかさじぞうという超激レアキャラがいます。性能が似ているので、どちらを使うのがいいのか迷う人もいると思うので比較してみました。

かさじぞうのステータスはレベル30の時点で体力1万5300、攻撃力6800、DPS2082です。

移動速度はネコパーフェクトよりも少し速く、再生産時間が4.3秒と約1.77秒ほど長いですが、コストが750円と150円も安いです。

あと特性としてネコパーフェクトは攻撃力低下無効を持つのに対し、かさじぞうは黒と天使属性に超ダメージを持っています。

比較してみると一概にどちらが強いとは言えないですね。やっぱりステージによります

DPSやコストパフォーマンス、黒と天使に対して超ダメージを考えると圧倒的にかさじぞうのほうがいいですが、ネコパーフェクトのほうが30も射程が長いです。

カルピンチョが335、まゆげどりが340、カオル君も340、ハイエナジーが344という射程で、このあたりの敵は割と出てくるので射程30の有利は結構でかい。

次に再生産時間のことを考えてみると、ネコパーフェクトを10体生産する間にかさじぞうは6体しか生産できません。

ネコパーフェクト10体のDPSは12950で、かさじぞう6体のDPSは12492となりほとんど変わらなくなります

ただ、これはどちらもレベル30の時点での比較です。かさじぞうは超激レアキャラなのでプラス値は上げにくいですが、ネコパーフェクトはレアキャラなのでプラス値が上げやすいです。プレイ状況によりますがレベル50にするのはキャッツアイで割と簡単にできます。

つまりにゃんこ大戦争を長く続けていくと、かさじぞうはレベル50でプラス値はあっても1とか2くらい、ネコパーフェクトはレベル50のプラス値が20以上となってきます。

レアキャラはレベル50から70になるとステータスは37%ほど上昇します。

レベル50のかさじぞう6体とレベル70のネコパーフェクト10体のDPSを比べると、ネコパーフェクトDPSのほうが約40%大きくなります

ただしこの比較はコストや移動距離は度外視していて、キャラが溜まるまで1体も倒されないという前提の理論値となります。実戦ではこの通りになることはほぼないので参考までにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました