【にゃんこ大戦争】狂乱のキモネコ・狂乱の美脚ネコのステータスと評価

にゃんこ大戦争攻略

ども、昇です。

狂乱のキモネコは「狂乱のキモネコ降臨」ステージクリアで入手できる激レアキャラです。レベル10以上にすると第2形態の狂乱の美脚ネコとなります。

このページでは狂乱のキモネコと狂乱の美脚ネコのステータスと評価についてまとめているので、育成の順番や編成、キャッツアイを使うかどうかの参考にしてください。

第3形態の大狂乱のムキあしネコのステータスと評価はこちら

狂乱のキモネコのステータス

レベル30の時点で体力2万880、攻撃力5220、DPS1253です。

特性は必ず波動を放つです。

狂乱の美脚ネコのステータス

レベル30の時点で体力2万880、攻撃力5220、DPS1253です。

第1形態とステータスは変わりません。

特性の波動の性能もそのままです。

狂乱のキモネコの評価

波動攻撃できる便利なアタッカー

攻撃するたびに波動が出ることにより、一度に複数の敵にダメージを与えられます。

通常の攻撃は単体ですが、波動が出るので実質範囲アタッカーです。

威力は低いものの波動攻撃の範囲は広く、ザコ敵をまとめて倒せたり奥から長射程で攻撃してくる敵にダメージを与えられたりもするので結構便利です。

100%波動が出せるキャラは少ないので、波動メインで攻めていくときのアタッカー要員になります。

再生産時間が長い

このキャラの再生産時間は約29.1秒です。

体力は高いとは言えず、射程も350でそこそこ被弾する位置にいるのでこの再生産時間は長く感じます。

基本キャラとは別物

基本キャラのキモネコとは射程(350)や生産コスト(600円)、攻撃間隔(約4.2秒)が同じですが、完全に別キャラだと考えたほうがいいです。

基本キャラのほうは波動が出ないので単体にしか攻撃できませんし、第3形態に進化するとエイリアンにめっぽう強い特性を持ちます。

対して狂乱のキモネコは第3形態に進化すると波動がより奥まで届くようになりますが、特定の属性に対する特性を獲得することはありません

ここまで違うと完全に別キャラです。

にゃんコンボが結構使える

基本キャラのキモネコとキモマロにゃん(バレンタイン VS ホワイトデー大戦争ステージのクリアでドロップする)と一緒に編成すると、動きを止める効果アップ(中)が発動します。

敵の動きを止めていられる時間が20%伸びるという効果ですが、これが結構使えます。

たとえば黒い敵の動きを止められるネコボンバーですが、攻撃間隔よりも停止が効いている時間が短いので、普通に使うと停止効果が切れる間があります。

ですがこのにゃんコンボを発動させて使うと、攻撃間隔よりも長い間効果が続くので永久停止が可能となります。

狂乱の美脚ネコの評価

第1形態とステータスは同じなので評価は狂乱のキモネコと同じです。

ただ基本キャラの美脚ネコと一緒に編成するとこで、ふっとばす効果アップ(小)のにゃんコンボを発動させることができるようになります。

このにゃんコンボはごくごくたまに使うこともあるかな、といった感じですね。

狂乱のキモネコ・狂乱の美脚ネコと相性のいいキャラ

強い敵を相手にする時、波動攻撃でとりまきの敵を処理できたりするので、単体攻撃するアタッカーが強い敵に攻撃を当てやすくなります。

なのでにゃんまムギワラテサランなどと相性がいいと言えます。

あと停止妨害を持つキャラで前線にいる敵を止め、長射程で攻撃してくる敵(教授など)に被弾しない位置から波動攻撃でダメージを与えていくこともできます。

位置取りはたとえばこんな感じ↓

敵城  教授 赤羅我王 | 壁キャラ+ネコアップル 狂乱のキモネコ  自城

狂乱攻略まとめページ



コメント

*間違いの指摘以外は基本的に返信はしないようにしていますが、いただいたコメントは励みになっています。
タイトルとURLをコピーしました